プラス学資保険

学資保険の選び方

選び方

ライフスタイルに合わせて、必要な教育費を確保するために便利な学資保険。色々な種類や特徴のあるものが、損保などで扱われています。基本的には、子供の学費のための保険、ということで支払った掛け金より大幅に少なくなるというものは少ないのですが、内容をみてしっかり選んでおかないと損をしてしまったりムダになってしまう部分も出てくるかもしれません。子どものためのものですが、家計を圧迫しては意味がありませんよね。


選び方のポイント

タイプを選ぶ

学資保険には、保障を重視したタイプと貯蓄を重視したタイプがあります。どちらのタイプも共通しているのは、親や祖父母などの被保険者に、万が一何かあった場合には、その後の保険料は支払わず満期になれば払戻金を受け取ることができます。この、満期時の払い戻し金は掛け金によって変わりますが、掛け金に対する払い戻し率は保証型と貯蓄型で違ってきます。低金利の時代には、貯蓄型を選んでもプラスになる分は少ないので万が一に備えておく意味で保障タイプを選ぶ人が増えています。

今の保険と比較する

すでに生命保険や医療保険に加入している人もいると思いますが、きちんと見直していますか? 学資保険は子どもができたことを期に加入する人が多いのですが、契約内容によっては、すでに契約している親の生命保険と重複してしまったり、子どもの医療保険を2重に掛けている無駄な状態になる事もあります。生命保険や医療保険にも、定期・終身・養老のタイプがあり、さらに契約期間や払戻金の違いがあります。学資保険に加入する場合には、家族全員に必要な保健をもう一度全て見直して組み合わせる事が大切なんですよ。

自分のライフスタイル

貯金が趣味、という人なら自分で効率のよい運用方法を選んで貯蓄しておけば、学資保険より合理的かもしれません。しかし、つい使ってしまうという人の場合には、自分の意思とは関係なく引き落としてためることのできる貯蓄型の学資保険を利用するのも良い方法です。金利が低いと少し損をしてしまう可能性もありますが、貯めようと思っても貯める事ができないという人には良いでしょう。また、マイホームのために貯蓄しているプランがある場合には、家計を圧迫しないように時期をずらしたり、学資保険以外の方法で教育費を確保しておくのもお勧めです。

満期とお祝い金

満期の設定

契約時期や内容にもよりますが、大学進学に合わせて満期を迎えるようになっているので学資保険の満期は18歳の誕生日というのが一般的です。大学の入学金や学費を支払うためには18歳の誕生日では間に合わない場合も多いので、最近では17歳満期で設定されているものも増えてきました。子どもの進学パターンやライフスタイルに合わせて満期期日で選ぶのもポイントですね。

お祝い金で比較する

子どもの進学に合わせて、節目節目でお祝い金が支給されるようになっているタイプでは、小学校入学時・中学校入学時・高校入学時にそれぞれ数万〜数十万円のお祝い金が支給されます。固定金利でも変動金利でもお祝い金の額は始めから設定されているものが多いので進学時に必要なお祝い金が支給されるタイプで選ぶのもポイントです。

進学予定にあわせて選ぶ

お祝い金は満期払い戻し金額よりは少ないため、大学へは進学しないと決まっている場合には高校入学時に途中解約する人もいます。しかし、途中で解約すると元本割れしてしまう事が多いようです。年齢で満期が設定されているものではなく、簡易保険のように10年固定金利であずける、というものを選ぶのも良いでしょう。