プラス学資保険

学資保険の種類

種類

じつは、学資保険には色々な種類があります。昔は郵便局で扱われているものだけでしたが、現在では簡易保険のほかに様々な損保や共済でも扱われるようになりました。タイプによってかなり内容が違っています。自分達のライフスタイルや、子どもの進学、家計の状況によって自分に必要なタイプを選ばなければかなり損をしてしまう可能性もあります。家計の負担にならないように、自分達が何のために学資保険を必要とするのか、を始めにしっかり確認して比較するのがポイントですね。


貯蓄型の特徴

仕組み

ケガの治療費や入院費用の保証ではなく、積み立てて金利を上乗せしていくので、トータルで支払った掛け金の合計より満期払い戻し金額がプラスになるのが特徴です。契約時の金利で満期まで変動無しのものと、その時々で金利が変動するタイプがあります。不景気で金利が低い時期の一定型はあまりプラス分がないのでお得な感じは少ないかもしれませんが元本は補償されます。しかし変動型の場合、景気が急激に変化すると元本割れしてしまうケースもあります。

メリット

被保険者(親など)に万が一のことがあった場合、それ以降の掛け金が免除になり、満期金額やお祝い金は受け取ることができるものが一般的です。そのため、金利が低くても元本割れしなければ、万が一の場合でも学費を子どもに残してあげることができ、何もなくても学費を積み立てることができるので、自力で蓄えることができない人にお勧めですね。

デメリット

子どもや親の医療保障やしぼう保証は付いていませんので、必要だと考える場合には別に医療保険や生命保険に加入する必要があります。また、被保険者に万が一のことがあった場合でも、満期保険金やお祝い金は支払われますが、保証タイプの学資保険と違い育英年金の支払はありません。また、金利変動タイプに加入している場合には、貯蓄型でも元本割れする場合もあります。

保障型の特徴とメリット

仕組み

保証がついているものには、子供の生命保険・医療保険が付いているタイプと、親の生命保険が付いているものがあります。子供保険は一定期間の保証になるため、定期積み立て型や掛け捨てタイプの保険より充実した内容のものが増えているようです。また、親に万が一のことがあった場合の補償は、特約として付帯するものがほとんどです。

メリット

沢山遊んで色々な体験をすることは子供の成長にとって大切なことですから、ケガをするからじっとしていろ、なんておかしいですよね。ケガをしやすい子供の万が一の自体にも、保証をしてくれるのが、保証型学資保険のメリットの一つです。また、親にもしものことがあった場合、育英年金などの保証を受けることができます。被保険者である親がしぼうした場合は、それ以降掛け金の支払はなくなり、支払い金のみを受け取ることができます。

デメリット

教育費以外にも、子供と親に万が一のことがあった場合の補償内容が付いているのが特徴ですから、毎月の掛け金が高く設定されているものが一般的です。また、親に万が一のことがあった場合の補償が付いているものの場合、満期になっても受け取れる金額は支払った掛け金の合計より少なくなります。つまり、親が掛け捨てタイプの生命保険に加入しているのと同じことです。