プラス学資保険

学資保険の必要性

必要性

現在の収入がそのまま保てたとしても、子供の進学スタイルに合わせて必要な教育費の金額は違ってきます。例えば小学校から高校まで、最小限の教育費で抑えたとしても、総額で500万円以上は必要です。わが子の成長に必要な教育費をきちんと確保するためには、学資保険を掛けることって必要なんでしょうか?
保険ですからメリットとデメリットを比較して考える必要があるんですよ。


役割りとメリット

役割り

子どもがいる家庭で、主な収入を確保しているのは誰でしょうか?
働いているのは、お父さんだけ、お母さんだけ、共働きなど、それぞれの家庭でライフスタイルがあると思います。学資保険が必要だとされる最も大きな理由としては、家庭の主な収入を得ている人に何かあった場合でも、子どもが必要とする教育費や生活費を確保するためです。生活費と学費をまかなえるだけの貯蓄が十分にある場合には学資保険は必要ないかも知れませんね。

こんな時のために!

一家の働き手が不意のケガや病気になった場合、休職しなければならず収入は減ってしまうかもしれません。入院や通院期間が長引けば、その分の治療費も必要になりますよね。また、万が一しぼうした場合には遺族基礎年金が支給されますが、これも子どもが18歳になるまでの間、年に100万円前後だけです。働き手に何かあった場合でも、学資保険をかけておけば最低限の教育費は確保しておくことができます。

子供の進学希望

子どもに必要な教育費を考えたとき、うちは余裕がないから小学校から高校まで公立で…と思っていても、子供がそのとおりに進学できるとは限らないんですよね。高校で子どもが行きたい学校が私立であったり、大学の医学部へ進みたいと言うかもしれません。また、学力的に進学できる高校が私立しかない…という事だってあるかもしれません。そういった事態に備えておく意味で、学資保険に加入している人も多いんですよね。

デメリットもある

生命保険であるということ

子供用の生命保険だということを知っていますか? 学資保険という名前で扱われていることが多いため、どんなタイプも学費がメインとなっているように思われがちですが、医療保障などに重点を置いているタイプもあります。また、毎月の掛け金と内容、満期の返戻率や金利は、保険会社や共済、郵便局の簡易保険などの代理店によっても異なります。家計の負担と教育費の割合を考えて、本当に必要でメリットがあるタイプが見つからなければ加入する必要はありません。

蓄えているつもりが損をする?

元本保証型以外の場合、景気に反映して金利が決められています。不景気で金利がかなり低い状態では、元本割れする可能性が高い場合も多いので注意が必要です。また、満期受け取り時の物価がかなり上がってしまっている場合は、元本保証でも実際に必要や金額が足りるとは言い切れません。不景気で金利が良くない場合には、加入しない方が得をする事もあります。

途中解約は損をする場合もある

学資保険の多くは、契約時に満期の受け取り金額が決定しているものがあります。そのため、途中解約すると掛け金の金額に対して少なくなってしまうことがあります。元本保証タイプのものは、特に途中解約で損をする可能性が高いので注意しましょう。3歳未満の幼児と3〜4歳以上幼児では保育料も違っています。