プラス学資保険

子どもの教育費はいくら必要?

子ども,教育費

少子化の原因になっているとも言われている子供の教育費。望むなら、夢に向かってやりたい勉強をさせてあげたいのが親心ですが、収入には限りがあります。日本の義務教育は中学までですが、高校・大学と進学することを考えると、子どもが独立するまでに必要な教育費って、どのくらい必要なのでしょうか。手のかかる小さいうちから幼稚園や保育園に通わせることができれば働きにも出られますので、義務教育から高校・大学までの進学費用を学資保険などで蓄えておきましょう。


トータルシュミレーション

幼稚園から高校まで公立のシミュレーション

公立の幼稚園で3年保育からスタートし、公立小学校・公立中学校・公立高校へと進学した場合にかかる学費は、平均で500〜700万円といわれています。もちろん学費だけですので、中学・高校の制服やカバン代や給食費・校納金・修学旅行代などは含まれていません。家庭の収入によって自治体から補助を受けたり、国庫負担制度や奨学金などの制度を利用する事もできますが、高校の受験費用などは別に必要となります。

幼稚園から高校まで私立のシミュレーション

私立の幼稚園で3年保育を受け、私立小学校・私立中学校・私立高校へ進学すると仮定すると、合計で必要となる学費は1000万円以上といわれています。私立の場合には、特色ある教育方法を取り入れていたり、学年によって制服やカバンが変る場合もあるため、金額にかなりの差が出てきます。また、これらの金額には修学旅行や給食費・制服代などは含まれていませんので、公立のみで進学した場合の1.5倍以上の費用が必要だと考えられます。

国公立大学に進学すると

国立大学は、文部科学省が定めた基準の範囲内で各大学がそれぞれ学費を設定しています。平均すると年間50〜70万の学費と入学金20〜30万円が必要となります。また、公立の場合は各自治体によって設定金額が異なっています。授業料の平均金額は国立大学と大差ありませんが、公立大学のメリットは大学がある県に居住している場合には入学金が安くなる可能性があるということです。県内者と県外者の入学金は、5〜20万円程度差がある場合もあります。

幼稚園・保育園

公立

公立の保育園・幼稚園では、自治体によって保育料が決められています。住んでいる地域にややよって差がありますが、保育園の場合、3歳児未満は月額で4.5〜7万円、3歳児以上になると月額1.5〜4万円程度に設定されているところが多いようです。また、幼稚園の場合には、月額2〜3万円程度で、年少〜年長までの3年保育・年中〜年長の2年保育の2パターンがあります。この保育料は前年度の収入や一人親の場合には減額されたり、無料になる制度が自治体ごとに設けられています。

私立

高いと思われがちの私立保育園や幼稚園ですが、保育料自体は公立とあまり大きな差はないところが多く、月額2〜3万円が平均金額です。しかし、教育方針や特色によって、制服や施設維持費、教材費などの教育費が別にかかることが多くその分トータルで公立に比べると高くなってしまうようです。私立の幼稚園・保育園でも自治体の補助を受けることができるので、そういった制度を上手に利用すると良いでしょう。

託児所

幼稚園や保育園に入れる定員は決まっているため、希望しても入園できない場合があります。また、親の仕事の都合で夜間保育などを必要とする場合には、託児所を利用する場合が一般的です。託児所の場合、それぞれで時間帯や年齢によって金額が設定されているため、値段はピンキリです。利用の仕方等によっては公立の保育園より安く済む場合もあります。家に近い・保育時間が長い・特色ある保育など見学に行き、料金を比較してみるのがお勧めです。