プラス学資保険

学資保険の特徴

特徴

子供の将来を考えると学資保険に加入する必要があるのでは…と思いますが、隣の人が入っているから、とか保険会社や郵便局の人に勧められたから、という理由で加入してしまうと損をする場合も多いのです。
それぞれの家族のライフスタイルに合わせた学資保険の上手な利用方法や、賢い教育費の積立方法について紹介します。


仕組み

学資=養老

決まった期間で積み立てていき、満期になったら払戻金を受けとる、という学資保険の基本は、一般的な養老保険と同じ仕組みになっています。満期が設定されているため、医療保障や生命保険としての内容が充実しているタイプに加入しても終身で保障されることはありません。一般的には15歳・18歳・20歳・22歳などのタイミングで満期になるように設定するため、それ以降に医療保障などを必要とする場合には新しく医療保険や生命保険に加入しなおす必要があります。

加入時期

子どもが0歳の時点で加入することができますが、0歳でなければ加入できないというわけではありません。一般的には12〜15歳までの加入が条件として設定されているものが多いようです。加入年齢によって満期の払戻金額や毎月の保険料が違ってきます。また、祝い金の受取時期も、小学校から大学まで少しずつ受け取るタイプとお金のかかる高校・大学入学時のみと言うタイプがあります。小学校・中学校・高校・大学それぞれの進学時期に合わせて必要な資金が準備することを目的として加入する人が多いと思いますので、必要な金額が受け取れる時期を計算して加入すると良いでしょう。

課税対象だということを知ろう!

学資保険の祝い金や満期で受け取る保険金は、課税の対象となります。ただでさえ金利が低く、掛けた額以上の保険金を受け取ることは難しいのですから、税金で持っていかれる分をできるだけ抑えたいですよね。ポイントとしては、契約者と受取人を同じにしておくことです。学資保険ですから被保険者は子供になりますが、契約者と受取人が違う人になっていると受け取った保険金は契約者からの贈与となり、贈与税がかかります。契約者が保険金を受け取った後に子供の養育者に渡す場合や、契約者が親で受取人が子供になっている場合なども贈与となりますので、避けた方が良いでしょう。

色々な積立とポイント

貯め時期を知ろう

子供の成長過程の中には、お金がかかる時期とあまりかからない時期があります。小学校・中学校・高校・大学などの入学時はお金がかかる時期です。また、進学を控え成長速度の速い幼稚園や、高校進学に向けて教育費が必要になる中学校のうちは比較的お金がかかる時期と考えておきましょう。このお金がかかる時期はできるだけ節約し、余裕ができやすい乳幼児や期間の長い小学校の間は積立貯金などを利用して少しでも貯めておくと良いでしょう。

教育貯金

すでに、養育者や両親が生命保険や医療保険に加入していて、万が一の際にも十分な補償が受けられるという場合には、学資保険ではなく定期預金や投資信託などを利用するほうがお得です。定期預金や教育積立の場合、元本が保証されていますので支払った金額は最低でも受け取ることができます。保障は別の所で準備して、少しでも安全にコツコツと教育資金をためたい場合には定期預金や教育積立がおすすめです。郵便局や銀行によって扱っている積立商品が違いますので、色々と比較してみると良いでしょう。

投資信託・外貨預金

利率の高いもので、教育資金を少しでもお得に準備したいという場合には、投資信託や外貨預金などを利用すると良いでしょう。しかし、こういった投資には少なからずリスクがあります。大きく利益を得る事もありますが、元本割れになったり、赤字になってしまうケースもあります。そのため、確実に教育資金をためておきたいという人にはあまりお勧めできません。扱われている商品によっては、リスクを少なくしたタイプも増えていますので利用を検討してみるのも良いかもしれませんね。